福島氏「罷免は社民の切り捨て」連立離脱30日に判断

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対して閣僚を罷免された社民党福島瑞穂党首は29日、TBSの番組で、「私を罷免することは、社民党を切り捨てること。党として重大な決意をしなければならないということはあるのではないか」と述べ、連立から離脱する可能性に言及した。党執行部は30日の全国幹事長会議で最終判断する。

 福島氏は、同県名護市辺野古への移設を明記した閣議決定への署名を拒否した理由について、「(閣僚を)続けたいとの思いも、もちろんあったが、新たな基地を建設することに加担をしてはいけないと思った」と説明。鳩山由紀夫首相からの説得に「言葉に責任をもつ政治をやりたい」と答えたことを明かした。

 又市征治副党首も29日、読売テレビの番組で、「こういうことをやられれば、(連立)離脱というのが本来は筋だ」と述べた。

 党所属国会議員の間では連立離脱論が強まっているが、外遊中の辻元清美国土交通副大臣が慎重姿勢とされる。地方組織の中にも「連立にとどまるべきだ」との意見があり、党執行部は、辻元氏の帰国と地方県連の意見を踏まえて判断する考えだ。


asahi.comより


振り上げたコブシは、そう簡単に下げられないんでしょうね。

ただ党として参院選を考えると大変なことになりましたよね。

それも、これも史上最悪の有言不実行総理大臣が・・・・・。

いや、お気の毒としかいいようがありません。

posted by オリゴトウ at 17:01 | Comment(1) | ニュースの大地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。