車事故、記憶失い台風で証拠消え、保険金求め医師が提訴

深夜、緊急手術の呼び出しで病院に向かう途中に事故を起こし新車が全損。一時、意識を失いながら、なんとか病院にたどり着くも、患者の容体が安定して手術の必要はなし。おまけに台風と記憶喪失で事故現場が分からなくなり、保険金の支払いを拒否――。そんな「不運」な40代の産婦人科医の男性(岐阜市)が、東京の大手保険会社を相手取り、保険金など約880万円を求めて岐阜地裁に提訴した。

 訴状などによると、男性は岐阜市内の産婦人科医院の院長。2009年9月28日午前1時40分ごろ、「緊急帝王切開が必要な患者が出た」との呼び出しがあり、約20キロ離れた愛知県犬山市の関連医院へ自分の車で向かった。

 しかし、途中でハンドル操作を誤った男性は草むらにつっこみ意識を失う。意識が戻ったのは約30分後。何とか病院に到着したが、すでに患者の容体は落ち着き、手術の必要はなかった。

 この事故で、男性の車は全損。英国の「ロータス」社製の車は、2カ月前に約800万円で購入したばかり。保険の支払いを求めたが、男性の記憶があいまいで、さらに事故の10日後に通過した台風のせいで証拠が散逸。「現場が特定できない」と車両保険の支払いを拒まれた。

 男性側は「調査が速やかになされていれば現場は特定できた」と訴えた。保険会社側は「訴状が届いたばかりなので、詳細を確認してから対応を決めたい」としている。(贄川俊)


asahi.com より


事故内容がはっきりわからないので、いい加減なコメントは

避けるべきかもしれませんが、

緊急手術の要請で焦って

運転ミスをした可能性が高い様に思います。

車が全損して、意識まで失いながら

責任を全うするため

必死の思いで病院にたどりついた医師のことを思うと

何とかならないかと思います。

それにしても10日後に通過した台風の影響で、

証拠が散逸って

本当についてないですよね。

気の毒でしょうがないです。
posted by オリゴトウ at 11:45 | Comment(0) | ニュースの大地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GKに川口、4大会連続 W杯日本代表23人決定

サッカー日本代表岡田武史監督は10日、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に臨む日本代表23人を発表した。実績を残してきた選手を軸としたメンバーとなる中、今季はけがで公式戦出場のないGK川口能活(磐田)がチームのまとめ役を期待されて異例の選出となった。

 GKは楢崎正剛(名古屋)も選出され、2人はともに日本が初出場した1998年フランスW杯から4大会連続の代表となった。

 岡田監督は記者会見で「この23人で日本らしいサッカーができるようにベストを尽くす」と語った。メンバーが負傷した場合、W杯初戦のカメルーン戦(6月14日)の24時間前までは変更できる。

 日本代表は21日からさいたま市で合宿を開始。24日には日本でW杯前最後となる壮行試合を韓国と行う。その後、スイスに渡って合宿を続け、イングランド、コートジボワールと強化試合を戦い、南アフリカには6月6日に入る。

     ◇

 ▼GK 楢崎正剛(名古屋)、川島永嗣(川崎)、川口能活(磐田)

 ▼DF 内田篤人、岩政大樹(以上鹿島)、中沢佑二(横浜マ)、田中マルクス闘莉王(名古屋)、長友佑都、今野泰幸(以上FC東京)、駒野友一(磐田)

 ▼MF 長谷部誠(ウォルフスブルク)、遠藤保仁(ガ大阪)、中村俊輔(横浜マ)、本田圭佑(CSKAモスクワ)、松井大輔(グルノーブル)、稲本潤一、中村憲剛(以上川崎)、阿部勇樹(浦和)

 ▼FW 玉田圭司(名古屋)、岡崎慎司(清水)、大久保嘉人(神戸)、森本貴幸(カターニア)、矢野貴章(新潟)

asahi.comより


川口選手はガッツがあって、好きな選手の一人なので

個人的にはうれしいですし、


是非頑張ってほしいですね。

最近の日本代表の試合ぶりを、

あれこれいう人がいるみたいですが、

私は全く気にしていません。

本番に集中して暴れまわってほしいです。

実力は十分ありますので・・・・・。

一番気になるのは、


岡田監督の暗い顔ですかね。


明るくいきましょう、岡田監督!
posted by オリゴトウ at 22:24 | Comment(1) | ニュースの大地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「元不良よ、更生したければジムへ」弁護士格闘家が開設

弁護士と、総合格闘技の選手という異色の「二足のわらじ」をはく堀鉄平さん(34)が10日、東京・六本木にスポーツジムを開く。ふだんは一般の利用者を募るが、本当の狙いは格闘技を通じて若者の更生を図ること。6月から「元不良」を対象に週1回、無料で格闘技を教える。夢は、ジムで選手として立ち直った若者がリング上で勝ち名乗りを上げることだ。

 「相手の力を利用しましょう。てこの原理で」。ダンススタジオを改装したジムがプレオープンした4月29日、初心者向けの「寝技クラス」を受け持つ堀さんの声が響いた。格闘技を習おうと集まったのは男性2人。広い窓からは心地よい風が入り込むが、始まって10分もすると、真新しい黒いマットに参加者の汗がしたたり落ちた。

 堀さんは司法試験の勉強中、人気の高い総合格闘技に魅力を感じ、合格後の2003年1月にまず柔術から始めた。08年3月からは元格闘家・前田日明氏が主催する総合格闘技の大会にも出場。柔術を含め、出場試合数は80を超える。

 「更生クラス」を始めようと思ったきっかけの一つは、駆け出しのころの刑事弁護での経験だ。法廷で反省を誓ったはずの被告が再び犯罪を繰り返す現実があった。一方で、刑務所を出所した後、仕事や家族などの居場所を持てた人の再犯率はぐっと下がることも身をもって感じた。

 「何か立ち直りの手助けができないか」と考えていた08年の暮れ、刑務所内で堀さんのことを知った受刑者から手紙が届いた。格闘技に興味を持ったこと、将来、挑戦してみたいこと……。

 堀さんが出場する大会はかつて「不良」と呼ばれた参加者が多いが、フェアプレーの末、勝てば一人ひとりが喜びを爆発させる様子はスポーツそのものだ。「街中でケンカするのでなく、競技としての格闘技に打ち込めるように橋渡しができないかと思った」


当面はスポーツジムの休日を更生クラスにあてる。条件は仕事に就いていること。基礎から技術を身につけてもらうとともに、対話の時間をしっかりと設けるつもりだ。

 弁護士業務と格闘技の二つにのめり込む堀さんは「自分も事務所のそばに練習の場を確保できた」と喜び、採算は度外視。「更生クラスが簡単にいかないことは百も承知。でも、こつこつ努力すればきっと報われること、その姿をきっと誰かが見ていることを実感してもらえれば、何よりうれしい」と話している。

 問い合わせはスポーツジムマーシャルアーツ(03・6447・0688)へ。(山本亮介)

asahi.comより


文武両道の見本のような方ですね。

本当にすばらしい!!

私なんて、何十年も道と言う道、全て工事中ですわ(笑)
posted by オリゴトウ at 11:36 | Comment(0) | ニュースの大地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。