北の大地の天然オリゴ糖とビフィズス菌の関係

オリゴ糖は、たまねぎ、にんじん、ごぼう、バナナ等の食品に含まれている糖質で、

世間でもよく知られているビフィズス菌便秘改善に一役買っているのが、このオリゴ糖なのです。

実はオリゴ糖自体は体内に吸収されず大腸ビフィズス菌のエサになり、ビフィズス菌を増やす役割を果たしているのです。

1日8gのオリゴ糖を摂取した方の腸内ビフィズス菌が10倍にも増え、便秘が解消されたと言う研究報告もあります。


毎日の食事からは摂取しにくいオリゴ糖
簡単に摂取できるのが北の大地の天然オリゴ糖です。



北の大地の天然オリゴ糖はこちらをクリックしてください
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。